「サムくんと出会えて、良かった!」

スタージャスミン

スタージャスミン

 

『サムくんと出会えて、良かった!』

by さっちゃん

サム君のような少年をそれぞれの立場から思いました。

もしも自分が、サム君のようだったら。
もしも自分の息子が、サム君のようだったら。

その、どちらにも共通することが有ります。
それは、素晴らしいの一言では言い切れない。
何かを選ぶときに、必ず良い側面と悪い側面を天秤にかけて、考える。
出来ればリスクの少ない方を、選ぼうと思う私です。^^;

私は動物が好きです。
出来るなら、その鳴き声の意味が聞き取れるなら、と思わずにはいられません。

でも、もし、それらが分かってしまったら、耳をふさぐことは出来ず、今以上に悲しい声を聴くことになるのかも知れない。
自分がそこで、何が出来るわけでも無ければ、更に苦しみは増すだけです。

自分でさえも、この苦しみを耐えがたい、と思う。
そうであるならば、我が子が苦しむであろう事は、親の立場になれば、更に辛いものです。

優しさと強さは、両極にあるように想いがちですが、これらは背中合わせにあるように思えます。

人間は、一人では弱いものですが、側に愛を持って寄り添ってくれる人が居れば、とても強くなれる生き物です。
家族という、一つの単位に囚われるだけでなく、出来ればもう少し拡大した人々の集団の中にも、こんな風に、愛を持って寄り添うことが出来ると良いな、と切に思います。

サム君の旅は、まだ始まったばかりです。
彼は、一人ぼっちではありません。
そして私達も、サム君とこの家族と一緒に、心の手を携えて踏み出せるような気がします。
一人でも多くの方々と、そんな繋がりを持てるような希望が、本書から発信されているように思いました。

 

= = = = = = =

☆ さっちゃん

素敵なレビューをありがとうございます。

「家族という、一つの単位に囚われるだけでなく、出来ればもう少し拡大した人々の集団の中にも、こんな風に愛を持って寄り添うことが出来ると良いな、と切に思います」
本当ですね。人と人との繋がりを、愛を持って築き上げていくことができれば、世界は、もっともっと素敵な場所になるのではないかと思います。

「一人でも多くの方々と、そんな繋がりを持てるような希望が、本書から発信されているように思いました」
もちろん、書く作品によってこめるメッセージは違ってくるのですが、それでも、いつも必ず書き込みたいことが二つあります。それは「愛」と「希望」です。
この作品から、「そんな繋がりを持てるような希望」を感じていただけたのだとしたら、作者として、とても嬉しく感じます。
ありがとうございます。

 

広告

コメントをお願いします。

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。